Shopifyペイメントとは?Shopifyで使える決済サービスを解説

ECサイトを立ち上げる上で必ず導入しなくてはいけない機能に決済機能があります。しかし、導入できる決済サービスは種類が多くあるため、どのような決済サービスを導入すれば良いかわからない方も多くいると思います。

特にShopifyでは主要な決済サービスであるShopify ペイメントに加えてAmazon PayやPayPalなど様々な決済サービスの導入が可能になっており、決済サービスの導入でも苦労があると思います。

ここではそのような方々に向けて、Shopify ペイメントについての説明を中心に、それ以外の決済サービスについても解説を行っていきたいと思います。

Shopify(ショッピファイ)とは?人気になった背景、特徴を解説

決済サービスとは何か?

決済サービスとはECサイトにクレジットカードなどの決済機能を追加するサービスのことです。ユーザーがよりスムーズに決済を行い、(※)カゴ落ちを防ぐためにも、どの決済サービスを導入するかは重要になってきます。

また、サービスによっては対応できる支払い方法や手数料が異なるため、自社サービスのターゲットや方向性を考慮した上で導入する決済サービスは決めることが重要になります。

※カゴ落ち…ユーザーが購入ページまできたものの、購入の意志がなくなりページから離脱することを指します。

Shopify ペイメントとは何か?

shopifyペイメント
Shopify ペイメント

Shopify ペイメントとはShopifyが独自に用意した決済サービスです。2018年から日本円への対応も始まり、Shopifyの主流な決済サービスとなっています。Visa,Mastercard,American Express,JCBのクレジットカードに加えて、Apple Pay,Google Pay,Shop Payへの対応も可能になっています。

Shopify ペイメントを導入するメリット

すぐに導入できる

Shopify ペイメントの特徴の一つとして、導入の手軽さがあります。通常ECサイトで決済サービスを導入する場合、審査に数週間から1ヶ月ほどの時間が必要になります。しかし、Shopify ペイメントの場合は審査なしで導入できるため、ECサイトを開設したその日からクレジットカードなどの決済を受けることが可能になります。

取引手数料が無料になる

Shopify ペイメントの最大のメリットは取引手数料が無料になることです。他の外部の決済サービスを導入した場合はShopifyの契約プランに合わせて0.15%〜2%ほどの手数料がかかってしまいます。

売上増加(カゴ落ち率の低下)につながる

Shopify ペイメントを導入することで、ユーザーが決済完了するまでの工程がシンプルになりカゴ落ちが減少して売上の増加に繋がります。例えば、Shopifyペイメントで利用できるShop Payでは過去にShopify ペイメントを導入したECサイトで購入したユーザーであれば住所やクレジットカードの入力を自動で行うことができます。他に利用可能なApple PayやGoogle Payでも個人情報の入力が簡略化されるため、カゴ落ちの減少に繋がります。

リアルタイムで支払額の確認ができる

EC運営の上で、売上状況を確認することは非常に重要です。しかし、決済サービスを導入すると多くの場合は注文状況と決済状況を同時に確認することに手間がかかります。また、複数の決済サービスを導入した際にはその分だけ、確認する手間が増えるため運用コストは増加してしまいます。

その点、Shopify ペイメントでは、売上状況をリアルタイムで確認することができ、支払い金額の確認だけでなく保留中の支払い金額の確認や次の支払い日の確認も行うことができます。なので、Shopify ペイメントの導入は、運用コストの削減にも繋がります。

Shopifyで使用できる決済サービスを紹介

ここまでShopify ペイメントについて説明をしましたが、ShopifyではShopify ペイメント以外にも導入できる決済サービスが複数あります。ここではShopify ペイメントで使用できる決済サービスも含めて、Shopifyで使用できる決済サービスについて紹介をしたいと思います。

Shop Pay

対応決済方法:クレジットカード(visa,Mastercard,American Express,JCB)
決済手数料:国内のカード 3.25%〜3.4%
      海外のカード(American Express) 3.8%〜3.9%
      JCB 4.05%〜4.15%
振込手数料:無料

特徴:
Shopify ペイメントの機能として利用できます。最大の魅力は振込手数料がゼロの点です。また、一度shopify ペイメントを導入したECサイトでお買い物をしたユーザーは個人情報の入力が省略されるため、カゴ落ちの防止にも繋がります。Shopify ペイメントの決済画面で、Shop Payのアイコンにチェックを入れるだけで起動するため、導入も非常に簡単です。

Apple Pay

対応決済方法:クレジットカード(visa,Mastercard,American Express,JCB)
決済手数料:国内のカード 3.25%〜3.4%
      海外のカード(American Express) 3.8%〜3.9%
      JCB 4.05%〜4.15%
振込手数料:無料
※決済手数料はShopifyの月額プランによって変わります。

特徴:
こちらもShopify ペイメントの機能として利用できます。基本的な手数料や対応決済方法はShop Payと変わりません。Appleユーザーは個人情報の入力が簡略化されるため、顧客にAppleユーザーが多くいる場合は、導入をおすすめします。導入方法もShop Payと同様で、アイコンにチェックを入れるだけで起動されます。

Google Pay

対応決済方法:クレジットカード(visa,Mastercard,American Express,JCB)
決済手数料:国内のカード 3.25%〜3.4%
      海外のカード(American Express) 3.8%〜3.9%
      JCB 4.05%〜4.15%
振込手数料:無料

特徴:
Shop Pay,Apple Pay同様にShopify ペイメントの機能として利用できます。手数料や対応している決済方法、起動方法も上記の2サービスと同じになります。Googleユーザーは個人情報の入力の手間が省けるため、カゴ落ちの防止に繋がります。

PayPal

対応決済方法:クレジットカード(Visa、MasterCard、American Express、JCB、銀聯など)
決済手数料:3.6%+40円(月額の取引量で変動)
振込手数料:無料(出金額5万円未満は250円/件)

特徴:
PayPalの最大の特徴は越境ECに強い点にあります。主要なクレジットカードだけでなく銀聯といった海外のクレジットカード決済にも対応しているため、海外も視野に入れたEC事業の場合は是非導入をおすすめします。

Amazon Pay

対応決済方法:Visa、MasterCard、American Express、JCB
決済手数料:4%
振込手数料:無料

特徴:
Amazon Payを導入すると、Amazonアカウントでログインするだけで、個人情報の入力が自動化されます。Shop Payと同様にカゴ落ちの防止が期待されます。また、Shopifyの場合はAmazon Payの導入は無料で行うことができます。

KOMOJU

対応決済方法:日本円
決済手数料:3.6%(Visa, MasterCard)
      3.85%(JCB, AmericanExpress)
振込手数料:216円(日本国内で3万円未満の場合)、2,500円(海外送金の場合)

特徴:
KOMOJUはコンビニ支払いの導入を考えている場合におすすめします。今まで紹介した決済方法はクレジットカードでの決済だったため、クレジットカードを持っていないユーザー(未成年など)をターゲットとする場合は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

paidy翌月払い

対応決済方法:日本円
決済手数料:3.5%
振込手数料:無料

paidy翌月払いはメールアドレスと携帯電話の認証コードで翌月払いの決済ができるサービスです。KOMOJUと同様に、クレジットカード以外の決済方法の導入を検討している方にもおすすめの決済サービスです。ユーザーの支払いが滞ってもPaidyが売上金を保証するという、売上金100%保証もあるため、安心して導入することができます。

まとめ

以上がShopifyでの決済サービスの解説でした。Shopify ペイメントは低コストで簡単に導入ができるため、ShopifyでのEC立ち上げを考えている方には導入をおすすめします。また、他の決済サービスについてもターゲットとなる顧客を分析して、導入の検討をしてみてはいかがでしょうか。より使いやすいサービスを目指して、この記事の内容を参考にしてみてください。