【Shopify】初心者向けLINE活用方法を紹介

ECストアを運営する中で、どのように販促を行うか決めることは非常に重要です。その中でも、Shopifyストアでの効果的な販促手段としてLINEがあります。LINEはメールや電話に代わる最も人気なコミュニケーションツールとなっており、幅広い世代に利用されています。そのため、LINEを使った販促方法は今までにリーチできなかったユーザーへの訴求につながる可能性があります。

「ShopifyストアでLINEを使うと何がいいの?」
「LINEの活用ってどんな機能があるの?」
「メールを使った販促はしているけど、イマイチ売上が上がらない、、」

このような疑問を抱えているEC事業者の方々に向けて、ShopifyストアでのLINE活用のメリットと具体的に活用する方法を紹介していきたいと思います。

LINEを活用することによるメリット

LINE公式アカウントによるCRMが可能になる

LINE公式アカウントとはお店や企業が運営するビジネス用のLINEアカウントのことです。メッセージの配信や販促機能があるため、自社のLINE公式アカウントと友達になったユーザーは継続的なコミュニケーションが可能になります。つまり、(※)CRMに繋がるため、ユーザーと良好な関係を築き上げて、売上のUPが期待できます。

さらに、LINE配信はメール以上の効果が見込める可能性もあります。LINEはメールや電話以上に頻繁に使う連絡手段であり、メールでは反応が悪いユーザーに対しても、LINEならば気づいてもらえる可能性が高いです。LINEを使ったCRMを実現することで、顧客満足度のUPやより開封率の高いメッセージ配信を目指していきましょう。

※CRM…Customer Relationship Managementの略で、顧客関係管理と訳すことができます。
    この場合では興味を持った顧客に対して、継続的なフォローを行い良好な関係を築くことです。

LINE広告による集客が期待できる

LINE広告とはLINEに広告を出稿するための広告配信プラットフォームです。LINE広告を使うと幅広いユーザーの中から、精度の高いターゲティングをした広告配信が可能になります。LINEには登録された年齢や性別などのユーザー情報があるため、属性に基づいた広告の配信を行なえます。また、少額な金額設定からでも出稿ができるため、売上が多く立っていないEC事業者の方々でも広告配信にチャレンジすることができます

LINE公式アカウントでできること

ここではLINE公式アカウントで使用できる3つの機能について紹介していきたいと思います。

メッセージ配信

友達追加してくれたユーザーに対して、メッセージを配信することができます。テキストの他に文字や画像、動画、スタンプも配信することができます。また、配信先の設定も柔軟に対応可能で年齢や性別によるセグメント分けや、A/Bテストの設定も可能です。ターゲットにあった配信を行い、メッセージ効果の最大化を目指していきましょう。

自動チャットサービス

自動チャットサービスは顧客の問い合わせにスムーズに対応する方法として有効です。ECサイトに問い合わせフォームがある場合は、問い合わせフォームを探す時間や返信を待つ時間がかかってしまいます。しかし、LINEチャットでは顧客からの質問に素早く回答できるため、問い合わせフォームとして非常に便利になります。ただ、自動チャットサービスはLINEが提供するAPIへの連携の必要があるため、開発工数がかかることに注意が必要です。

クーポンやショップカードなどの販促機能

クーポンを発行して、メッセージとして送信することができます。ここで発行したクーポンはECサイトだけでなく、実店舗でも使用できるため、リアルな店舗を持っている事業者の方はECサイトとリアル店舗両方の販促が可能になります。

LINE公式アカウントの費用

CRMとして有効なLINE公式アカウントですが、費用は配信できるメッセージの数量によって変わります。以下の表を参考にして、自社の規模にあったプランを契約するようにしましょう。

フリープランライトプランスタンダードプラン
月額固定費無料5,000円15,000円
無料メッセージ配信数1,000通/月15,000通/月45,000通/月
追加メッセージ料金不可5円/1通3円/1通

LINE広告でできること

リーチ力のある広告配信

LINE広告の大きな特徴として、圧倒的なリーチ力があります。LINEは性別問わず幅広い年齢層に使われており、様々な個人情報も登録されているため、ユーザーカバー率が高く目的にあったターゲットへの配信が狙えます。また。LINEは連絡手段としてほぼ毎日利用されるため、ユーザーのアクティブ率も高く、広告をみる頻度も高くなることが見込めます。これらのことより、LINEでの広告は集客への効果が期待できます。

目的にあった画面への広告の配信

LINEの機能にはトークやニュース、ウォレットなど様々な画面があり、画面ごとにトラフィックの量と質が違うため目的にあった広告の配信が可能です。例えば、トークリストの最上部に表示される広告は、LINEの画面の中で最もトラフィックが多いため、大規模なPRに向いています。他にも、LINEニュースを閲覧する人は購入意欲が高いというデータがあるため、新商品の販売情報など即時性のある情報はLINEニュースの画面で配信するとより効果が見込めます。このようにして、それぞれの画面ごとにトラフィックの特徴が変わるため、目的にあった広告の配信をすることで効果の最大化を狙うことができます。

LINE公式アカウントと連携した広告の配信

LINE広告では前述のLINE公式アカウントと連携することでより効果の高い広告の配信を狙うことができます。LINE公式アカウントで取得したデータを元に、クロスターゲティングなどLINEならではの広告の配信が可能です。さらにその取得したユーザーデータをもとに類似性のある新規ユーザーへの広告の配信も可能です。つまり、LINE公式アカウントと友達になったユーザーに類似した新規ユーザーに向けた広告の配信が可能になります。LINE公式アカウントと両方利用して、相乗効果を狙っていきましょう。

LINE広告の費用

LINE広告には「クリック課金タイプ」と「インプレッション課金タイプ」の二つがあります。どちらも少額からの出稿が可能で、クレジットカードの支払いにも対応しています。

・クリック課金タイプ
ユーザーが広告をクリックして、指定のページへと遷移したら料金が発生するタイプの広告です。広告が表示されるだけでは、料金が発生しないことが特徴です。クリック課金タイプは、広告に興味がありクリックしたユーザーのみに料金が発生するため、費用対効果の安定した広告の配信が可能です。

・インプレッション課金タイプ
画面上の動画枠が100%に表示されると料金が発生するタイプの広告です。広告が画面上に全て表示されない限り料金は発生せず、100%の広告の表示(これをインプレッションと言います)があった回数に合わせて料金が発生するタイプの広告です。インプレッション課金タイプのメリットは予算を上回る心配がないことと、広告の質が高く多くのクリックを集めることができたらクリック課金タイプより費用対効果の高い広告の配信が可能なところです。

まとめ

以上がShopifyでECを運営する場合のLINE活用方法の紹介でした。LINEは非常に利用率とアクティブ率の高いスマホアプリです。さらなる集客を狙いたい場合には、ぜひLINEでの集客を導入をお勧めします。また、ここで紹介した通り、集客の方法は多岐にわたるため、自社のサービスにあった広告の配信を設計する必要があります。よりターゲットにあった方法で、メッセージや広告を配信することで、売上UPを狙っていきましょう。