【初心者向け】ECサイトでの代表的な集客方法を紹介

ECサイトを運営する上で最重要な課題として集客があります。しかし、webでの集客方法は多岐に渡っているため、これからEC事業に乗り出そうと考えている事業者の方の中には、効果的な集客方法が分からずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方々へ向けて、ECサイトにおける集客の重要性と代表的な集客方法について紹介していきたいと思います。

ECサイトにおける集客の重要性について

ECサイトにおいて集客が最重要な課題と言えるのは、集客が売上に直結するためです。ECサイトの売上は以下の式で表すことができます。

売上 = 集客人数 × CVR(ECサイト訪問者が購入する確率) × 1受注当たり単価

この式からわかることは、もし素晴らしい商品を販売していたとしても集客人数が0人であれば、売上は0円になってしまうということです。一方で、そこそこの商品を販売するECサイトだったとしても大量の集客ができていれば、それ相応の売上を獲得することも可能です。つまり、集客を強化することは商品力やwebページのデザインに関係なく、売上に直結してしまうということです。ECサイトを運営する場合は商品やwebページだけでなく、集客にも力を入れることで高い売上を目指していきましょう。

ECサイトでの代表的な3つの集客方法

検索エンジンからの集客(SEO対策)

どのようなwebサイトでも集客の打ち手として行なっているのがSEO対策です。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化を意味しています。つまり、SEO対策とは特定のキーワードを検索したときに、自社のwebサイトが検索結果の上位に表示されるように工夫をすることを言います。ECサイトへの流入経路は検索結果が大きな構成を占めることが多いため、SEO対策は集客力UPをする上で非常に重要な打ち手となっています。詳細は以下の記事にまとめてありますので、SEO対策の理解がまだ不十分と感じている方やこれからSEO対策を行なっていく方は是非ご覧ください。

【初心者向け】ECサイトでのSEO対策の方法

▼効果が出るまでの費用と期間
費用…自社で運用している限り無料です。
効果が出るまでの期間…効果が出るには期間がかかりますが、結果が出ると長期的な集客に繋がります。

web広告からの集客

短期的に集客の効果を出したい場合はweb広告がおすすめです。web広告は検索結果やwebページ上にリンクを貼り付けるため、直接のECサイトへの流入に繋がり即効性があります。ただ、広告出稿するには費用がかかるため、予算の設定や費用対効果の計算を行なっていく必要があります。また、以下では、代表的なweb広告をいくつか紹介したいと思います。

▼具体的な広告の種類
・リスティング広告…検索結果に表示される広告です。
・ディスプレイ広告…ブログなどのwebサイトやアプリに表示させる広告です。バナー広告と呼ぶこともあります。
・アフィリエイト広告…ブログなどのアフィリエイトサイトで自社の商品を紹介してもらうタイプの広告です。
・SNS広告…Twitter,Instagram,LINEなどに出稿する広告です。ユーザーの属性に合わせた出し分けが可能です。

▼効果が出るまでの費用と期間
費用…有料(媒体ごとに出稿料が異なります。)
効果が出るまでの期間…広告から直接自社ページに来るため、即効性があります。

SNSを活用した集客

SNSの最大のメリットは無料で優良顧客の集客ができることです。というのも、魅力的な投稿を続けると、フォロワーの獲得に繋がり、自社サービスに興味のあるユーザーの増加が期待できます。そのようなユーザーは新規顧客として売上に貢献するだけでなく、リピーターとして商品を購入するため、通常のユーザー以上に優良顧客となる可能性があります。また、過去に商品を購入したユーザーがSNSを閲覧することで、より自社商品に興味を持ち、継続的な購入者になることも期待できます。SNSではそれぞれのサービスに特徴があるため、自社のサービスにあったSNSの導入をおすすめします。下記の文章では、EC事業との親和性が特に高いLINEとInstagramを使用した集客方法についても紹介しているので興味のある方は是非ご参照ください。

▼効果が出るまでの費用と期間
費用…無料
効果が出るまでの期間…フォロワーを獲得しないと発信力がつかないため、時間がかかります。

効果的な集客の具体的方法4選

ここまで主な集客方法について紹介してきましたが、まだ具体的にどのような行動を起こせば良いかはっきりとはわかっていない方もいらっしゃると思います。以下では過去の記事を紹介しつつ、実際の行動につながるような集客方法を4つ紹介したいと思います。

Shopifyアプリを使った集客について

Shopifyには拡張機能としてアプリがあります。アプリを導入することで、集客におけるSEO対策やSNS連携、集客UPのための分析などを効率的に行うことができるようになります。詳細は以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【2021年版】Shopifyの集客UPに繋がるアプリ10選

Instagramを使った集客について

Instagramは写真投稿SNSのため、ECとの相性が良いことが特徴です。商品が映えている画像を投稿をすることで、より商品の魅力が伝わり、フォロワーの獲得へと繋がっていきます。また、Instagramとのアカウントを連携して、自社ECサイトの会員登録フォームにおいて、Instagramとのアカウント連携を有効にすると、よりスムーズな会員登録手続きに繋がるメリットもあります(こちらはOne Click Social Loginというアプリで可能です)。以下の記事ではShopifyとInstagramの連携方法について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【2021年版】ShopifyでInstagramを連携する方法を解説

LINEを使った集客について

LINEでの集客は2つの方法があります。一つはLINE公式アカウントによるメッセージの配信です。もう一つはLINE広告を使用した新規顧客の獲得になります。LINEは幅広い層に利用されているため、リーチできる範囲も他のSNSと比べて広くなっています。また、LINEには登録されたユーザー情報(年齢、性別、居住地など)があるため、細かなセグメント分けをしたアプローチも可能です。以下の記事ではLINEについての基本的な活用方法やそのメリットについてまとめた記事です。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

【Shopify】初心者向けLINE活用方法を紹介

ブログを使った集客について

ブログを使うメリットは大きく二つあります。一つはページへの流入が増加することによるSEO対策です。もう一つはブログ記事による自社サービスの認知の向上です。より多くの集客を狙いたい場合や、ブログを使って商品の魅力を伝えたい場合は導入をおすすめします。以下の記事ではShopifyでのブログの書き方について紹介しています。ブログを始めたいがどのように始めたら良いかわからないという方は参考にしてみてください。

【集客UP】Shopifyブログの書き方を紹介

まとめ

以上がECサイトにおける集客の方法でした。事業の特性や規模によって最適な集客方法は変わってくると思います。例えば、おしゃれな革製品を扱う事業の場合、Instagramで写真映えした投稿をすることで集客が見込めそうです。他にもECを始めたばかりの事業の場合、最初のうちは広告を出稿して認知度をあげていき、徐々に検索エンジン(SEO対策)やSNSを使った集客に切り替えていくと費用対効果のあった集客が見込めそうです。このように事業のフェーズや扱う商品の魅力に合わせて集客方法を使い分けて、より効率よく集客のできるEC事業を目指していきましょう。