2024年最新!楽天運営代行おすすめ厳選10選|料金や選び方のコツ

*本サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています。

楽天市場で効果的な運営がしたいなら、「運営代行」がおすすめです。

自社で運営するよりも専門的なノウハウをもった運営代行に任せたほうが、売り上げの向上や業務効率の改善が期待できます。

本記事では、おすすめの楽天運営代行サービスを厳選して10社紹介します。

「そもそも運営代行にはどんな業務が依頼できるのか」「運営代行を選ぶポイント」といった基本的な内容も合わせて解説するので、ぜひご覧ください。

楽天の運営代行に依頼できる主な業務

代行会社によって細かな違いはありますが、楽天市場の運営代行では、主に以下の業務を依頼できます。

  • 商品ページの作成・更新
  • 商品写真の撮影
  • バナー作成
  • 商品登録
  • 在庫・物流の管理
  • 受注管理
  • 広告運用
  • コンサルティング

いずれも売り上げに直結する重要な要素ですが、なかには十分なリソースが確保できない業務もあるでしょう。

運営代行サービスを利用すれば、商品登録などの基本的な業務からマーケティング面までバランスよく全ての業務をカバーできます。

楽天の運営代行を選ぶ5つのポイント

楽天の運営代行を選ぶ際は、以下の5つのポイントが大切です。

  1. 楽天市場に特化しているか
  2. 運営代行サービスかコンサルサービスか
  3. 自社の予算とコスト感が合っているか
  4. 料金は固定費型か成果報酬型か
  5. 企業・担当の実績が十分か

それぞれ詳しく解説します。

1. 楽天市場に特化しているか

運営代行には楽天市場に特化した会社と、AmazonやYahoo!ショッピングなどさまざまなショップの運営に対応する会社があります。

今後楽天市場以外に販路を広げる予定がないなら、楽天市場に特化した運営代行がおすすめです。

楽天市場に特化した運営代行の方が、より楽天市場に適した専門的なノウハウを持っています。

2. 運営代行サービスかコンサルサービスか

運営代行を依頼する際、「運営代行サービス」と「コンサルサービス」の、2つの選択肢があります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

運営代行サービスの特徴
  • 運営に関する業務をほぼ全て依頼できる
  • 会社によって対応可能な範囲が異なる
  • コンサルティングサービスも同時に提供している会社が多い
コンサルティングサービスの特徴
  • 基本的にはコンサルティング業務のみを担当する
  • ショップの運用は企業自身が行う
  • 運用代行よりもコストがかからない傾向がある

リソースが足りず一部でも業務を外部に任せたい場合は運営代行、運用自体は自社で行い、アドバイスのみほしい場合は、コンサルティングがおすすめです。

3. 自社の予算とコスト感が合っているか

コストが自社の予算と合っているかも、大切なポイントです。

優れた運営代行でも、予算に合っていないサービスはおすすめしません。売り上げが伸びても代行費用でマイナスになってしまう可能性があります。

しかし費用の安さだけで選んでしまうのも危険です。期待していたサービスが含まれていなかったり、思うように成果が出なかったりする可能性があります。

依頼内容によって異なりますが、月額1万〜10万円ほどが運営代行の目安ですので覚えておきましょう。

4. 料金は固定費型か成果報酬型か

運営代行の料金体系には、固定費型と成果報酬型があります。

固定費型は、成果に関わらず毎月固定額で報酬を支払う料金体系です。

月々にかかる費用が一定のため予算管理がしやすかったり、売り上げが多い月でもコストは変わらなかったりといったメリットがあります。

反対に、売り上げが少ない月は割高になってしまうことが固定費型のデメリットです。

成果報酬型は、発生した売り上げに対して一定の割合で報酬を支払う料金体系です。

報酬の割合は売り上げの5〜10%程度が多く、売り上げの少ない月はその分コストも低くなります。

反対に、売り上げが多い月はその分費用がかかることや、月ごとに報酬が変わるため予算管理しにくいことが成果報酬型のデメリットです。

5. 企業・担当の実績が十分か

実績は、サービスが優れているかを判断する効果的な指標です。

売り上げ拡大率やリピート率などは十分か、運営代行サービスの公式サイトで事前に確認しましょう。

運営代行に依頼するメリット・デメリット

運営代行に依頼するメリット・デメリットについて解説します。

依頼するメリット

運営代行の最も大きなメリットは、自社で運営するよりも成果が上がる可能性が高いことです。

運営代行を引き受けているのは、ショップ運営のノウハウや経験が豊富なプロです。そのため効果的なマーケティング手法や市場のトレンドに精通しており、自社で運営を行うよりも高い成果が期待できます。

また運営代行を依頼することで、無駄な人員や広告が最適化され、コスト削減に繋がる可能性もあります。

依頼するデメリットと注意点

デメリットは、必ず成果が出るとは限らないことです。

運営代行がもつ独自のノウハウやマーケティング戦略を駆使しても、市場の動向や競合のレベルによっては思ったように成果が出ないこともあります。

また自社内にノウハウが蓄積されないことも、運営代行サービスを利用するデメリットです。

自社の社員が運営業務に関わる機会が減少し、EC運営に必要なスキルを学ぶことができなくなります。

そのため代行会社なしでのEC運営がいつまでたってもできなかったり、代行サービスが終了した際に運営に行き詰まったりする可能性があります。

楽天市場の運営代行おすすめ厳選10選

楽天市場の運営代行におすすめの会社を、厳選して10社紹介します。

楽天に特化したEC運営代行会社

他のECモールを利用する予定がなく、楽天市場での売り上げに注力したいなら、楽天市場に特化した運営代行会社がおすすめです。

楽天市場に特化した会社の方が、楽天市場に適した効果的な戦略を提案してくれる可能性が高いからです。

以降では、楽天市場に特化した運営会社を2社紹介します。

ロルエージェント

画像出典:ロルエージェント

ロルエージェントは、楽天市場に特化したコンサルティング・運営代行サービスを提供する会社です。

ロルエージェントの特徴は、楽天市場での実務経験豊富なスタッフが多数在籍していることです。

楽天市場には他のショップにはない独特のシステムも多いため、実務経験の有無がショップの成果に大きく影響します。

ロルエージェントでは楽天市場ならではの特徴を活用し、さらには取り扱い商材や出店年数といったショップの特徴を加味したうえで、効果的な戦略を提供してくれます。

ピュアフラット

画像出典:ピュアフラット

ピュアフラットは、支援実績3,000店舗以上、リピート率94%の実績豊富な会社です。

元楽天コンサルタントによる「正しいノウハウ」を活用したコンサルティングが、ピュアフラットの特徴です。

支援実績のなかには1カ月で売り上げ300%増加や、5カ月で売り上げ250%増加など、短期間で大きな成果を出したショップも数多く存在します。

料金は月額10万円からで、売り上げ目標、予算によって変動します。

データ分析・マーケティングが強みのEC運営代行会社

効果的なEC運営において、データ分析とマーケティング能力は欠かせません。

データ分析・マーケティングを強みとしている運営代行会社を2社紹介します。

withwork

画像出典:withwork

withworkは、豊富なマーケティングリサーチ力が特徴の会社です。

マーケティングリサーチ業界最大手のクロス・マーケティンググループに属し、グループで培ったノウハウを活用した独自のアプローチで運営をサポートしてくれます。

経験や勘よりも市場分析で得た情報をもとにEC運営を行うため、確度が高い施策が期待できます。

また、SNSやLINEの活用などにも精通しており、EC以外の分野でも支援を受けることが可能です。

itusmo.

画像出典:itsumo.

itsumo.は、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど、さまざまな大手ECモールのコンサル、運営代行を提供している会社です。

複数のモールやサイトでの実績があるからこその「クロスチャネル支援」が、itsumo.の特徴です。

クロスチャネル支援とは、各チャネルの成果や情報を共有することで、あるチャネルで得たノウハウを他のチャネルでも活かす手法を意味します。

1つの成功事例を横展開することで、少ないコストで高い効果をあげられます。

楽天市場だけでなく、複数のモールを運営しているショップにぴったりでしょう。

サイトの構築~運営まで任せられるEC運営代行会社

サイトの構築から運営までワンストップで依頼できる会社を5つ紹介します。

Proteinum

画像出典:Proteinum

Proteinumは、EC事業に特化したコンサルティング会社です。

ECに関するあらゆるサービスをワンストップで支援しており、戦略策定から実行まで幅広い知識と経験を持つ専門家がサポートしてくれます。

日本マーケティングリサーチ機構による調査では「EC売上アップ支援」「ECノウハウ開発力」「D2C支援」の3つでNo.1に選ばれるなど、実績も豊富です。

広告運用だけなどワンスポットでの依頼も可能なので、状況や予算に合わせて依頼内容を選べるのも嬉しいポイントです。

ネイビーグループ

画像出典:ネイビーグループ

ネイビーグループは、日本最大手ECモールで4,000社以上の豊富な担当分析経験をもつ会社です。

豊富な経験を活かし、幅広い業種・業態でコンサルティングや運営代行を請け負っています。

サイト構築から商品撮影、広告・SNS運用までワンストップで依頼可能で、費用、サポート内容は月商に合わせて柔軟に対応してくれるため、中小企業から大手企業まで幅広くおすすめです。

コンサルロケッツ

画像出典:コンサルロケッツ

コンサルロケッツは、サイトの制作と運営の両面で、サポートを提供する会社です。

独自のノウハウを活かした、個性的な戦略策定がコンサルロケッツの特徴です。

例えば、商品を実際に体験した顧客からの手書きレポートを元にページを作成したり、運営方針が似ている2社を引き合わせてコラボ商品の開発を促したりと、他のコンサルティング会社では思いつかないような独創的なアイデアで、数多くの企業を支援してきました。

「他のショップと差別化したい」「独自の強みを活かして運営したい」といったショップにおすすめの会社です。

ウォークスコミュニケーションズ

画像出典:ウォークスコミュニケーションズ

ウォークスコミュニケーションズは、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピング、makeshop、ecbeingなどさまざまなモールやカートシステムを取り扱う会社です。

対応実績も豊富で、年商数十億円規模の超大手ECサイトの運営サポートや、零細ながら月商1億円を達成したネットショップなど、100サイト以上で運用と構築の実績があります。

さらに自社で運営しているネットショップは初年度から年商1億円を達成しており、EC運営の手腕が本物であることがわかります。

実績豊富な会社に運営を頼みたいなら、ウォークスコミュニケーションズはぴったりです。

ワンプルーフ

画像出典:ワンプルーフ

ワンプルーフは、楽天市場とYahoo!ショッピングの運営代行・コンサルティングを中心に行っている会社です。

平均売上伸長率は約200%を誇り、他にも楽天市場で総合ランキング1位や楽天MVP獲得といった実績が多数あります。

長期間に渡って収益を生み出すための支援が、株式会社ワンプルーフの特徴です。

販売計画や予算計画など、年間ロードマップに合わせたコンサルティングを得意としており、目先の利益にとらわれず、長期的に利益を出し続けるためのEC運営をサポートします。

楽天に特化したデザインに強いEC運営代行会社

楽天に特化したデザイン会社を探しているなら、以下の会社を検討してみてください。

リューキデザイン

画像出典:リューキデザイン

リューキデザインは、楽天市場のデザイン制作を専門に行う会社です。

「売れるデザイン」を重視し、トップページから商品ページ、特集ページ、バナーまで楽天市場のデザイン全般を取り扱っています。

制作スピードが非常に速いため、イベントに合わせてデザインしてもらいたい場合など、時間がないときにもぴったりです。

商品撮影に使えるレンタル撮影スタジオ「リューキデザインスタジオ」も運営しており、さまざまなシチュエーションのなかで商品撮影が行えます。

自社ECと楽天出店をお考えなら

もし自社ECと楽天市場への同時出店を考えているなら、Shopifyがおすすめです。

Shopifyは、手軽に高クオリティなECサイトが作れるEC構築サービスで、楽天市場やAmazonといったモールとの連携にも優れています。

複数のネットショップを別々に管理していると、受注処理や在庫管理に作業コストがかかりますが、Shopifyを利用すればまとめて管理することができます。

楽天市場とShopifyの連携について詳しく知りたい方は「Shopifyと楽天市場の連携方法について(業務効率化)」をご覧ください。

楽天市場に出店するなら運営代行がおすすめ!

本記事では運営代行に依頼できる業務をはじめ、運営代行の選び方やおすすめの運営代行会社について解説しました。

運営代行会社を利用すれば、売り上げの向上や業務の効率化が期待できます。また不要な業務やマーケティングがなくなるため、結果的にコストカットにつながる可能性もあります。

運営代行会社を選ぶ際は、「楽天市場に特化しているか」「コスト感は合っているか」「実績は豊富か」といったことを確認しましょう。

また自社ECと楽天市場への出店を同時に考えているなら、Shopifyもおすすめです。

本記事を参考に、効果的なショップ運営を目指してください。