Shopifyにお気に入り機能を導入する方法!アプリ導入が簡単

ECサイトにおいて、ユーザーが気になる商品をリストとして保存できる「お気に入り機能」。「ウィッシュリスト」や「欲しい物リスト」とも呼ばれるこの機能は、あとで商品を見返したいユーザーにとって非常に便利な機能です。

「お気に入り機能を導入するメリットは何?」
Shopifyでお気に入り機能を導入したいけどどうやるの?」
「手軽に導入できるアプリはあるか?」

この記事を読んでいただくと、このような疑問が解決します。

お気に入り機能の導入メリットや導入方法、おすすめのアプリについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

お気に入り機能(ウィッシュリスト)の特徴

ECサイトにおいて、ユーザー体験を高め、売り上げアップを実現する重要な機能のひとつが、「お気に入り機能」です。この機能は多くのECサイトでも採用されており、必須機能として挙げられます。まずはお気に入り機能がどのようにECサイトに価値をもたらすのか、詳しく解説します。

売り上げアップに繋がる

お気に入り機能は、顧客が「あとで購入したい」と考えた商品を一時的にリストとして保存します。これにより、顧客はサイトへの再訪問時に迷わず商品を探すことができ、購入につながりやすくなります。

またお気に入りリストに保存されている商品のセール情報や在庫情報をメールなどで通知することで、顧客の購入意欲を喚起することも可能です。

リピーターを獲得できる

顧客は気に入った商品をお気に入りリストに追加しておくと、その商品の在庫情報や割引が適用された際の通知を受け取ることができます。そのため、顧客はサイトに再訪問する可能性が高まります。

ストアは、一度購入した顧客をリピーターとして取り込むことができるでしょう。

顧客のニーズを的確に捉える

お気に入りリストに保存された商品データは、それぞれの顧客の興味やニーズを示す貴重な情報源となります。

これを基に分析することで、どのような商品やカテゴリが人気であるのか、時期や季節による影響はどのくらいあるのかなど、様々な情報を得ることができます。

この情報を活用してマーケティングや商品の選定を行うことで、より的確な戦略を展開することが可能になるでしょう。

在庫管理を効率化する

お気に入りリストのデータは在庫管理にも貢献します。

例えば、ある商品が多くの顧客からリストに追加されている場合、その商品への需要が高いことが予想されます。

このようなデータを基に在庫の調整や仕入れの最適化を行うことで、売り切れや過剰在庫を避けることができ、効率的な運営を実現することが可能です。

Shopifyにお気に入り機能を追加する方法

Shopifyのストアにお気に入り機能を追加する方法は3つあります。それぞれ解説します。

お気に入り機能を持つShopifyテーマを使う

まず一番簡単な方法は、お気に入り機能を持つShopifyテーマを使うことです。この場合、簡単な設定でお気に入り機能を実装できる場合が多いです。

ただしShopifyの公式テーマストアでは、お気に入り機能を持つテーマは見つけられませんでした。(2023年9月時点)

代わりにShopifyのテーマストアとは別に、「Envato Market」というShopifyも取り扱っている海外のテーマ販売サイトで多数見つけられました。

Envato marketでは、日本円にして数千円と安価で購入できるテーマが多いです。しかし、Shopifyの最新バージョンに対応していないことや日本語に対応していない可能性がありますので、よく調べてから購入してください。

カスタムコーディングする

Shopifyのテーマに、プログラミング言語で直接コードを記述して、お気に入り機能を持たせることができます。この場合には、デザインや機能の自由度は高くなります。

一方で、プログラミングの知見が必要になりますし、実装には時間もかかります。十分なスキルをお持ちの方以外には、おすすめできない方法です。

Shopifyアプリを活用する

最後はShopifyのアプリを活用して実装する方法です。

Shopifyのアプリストアで「wishlist」と検索すると多数のアプリが表示されます。料金は月額無料〜数十ドル程度で導入することが可能です。

アプリストアに掲載されているアプリは、Shopifyの厳しい審査を通過していますので、安心して利用できます。

このアプリを活用する方法は、お気に入り機能を簡単に導入でき、また比較的安価で運用できるため、一番おすすめです。

お気に入り機能(ウィッシュリスト)のおすすめアプリ

お気に入り機能を導入するためのオススメアプリを紹介します。

Growave

Growaveは最も人気のあるお気に入り機能アプリの一つです。

Growaveは、お気に入りリストに商品を保存した顧客に対し、リマインドメールを送ることが可能です。

また何人のユーザーがお気に入りリストに登録しているかを表示して、ユーザーの興味を引き立てることもできます。

このアプリの特徴は、お気に入り機能以外にも、レビュー機能や紹介プログラム、Instagramとの連携など、さまざまなマーケティング施策を同時に導入できることです。

Growaveには、14日間の無料体験期間があります。

ストアの注文数が増えるとアプリの利用料も増えていく料金システムです。

プラン名料金機能
BASIC月額9ドル最大75件の注文/月
お気に入り機能
インスタグラム連携
など
STARTER月額19ドル最大150件の注文/月
お気に入り機能
インスタグラム連携
など
MEDIUM月額49ドル最大500件の注文/月
お気に入り機能
インスタグラム連携
24時間年中無休のライブチャットサポート
など
GROWTH月額99ドル最大1,000件の注文/月
Klaviyoの連携
Omnisend連携
24時間年中無休のライブチャットサポート
など
2023年9月時点での情報

Wishlist Plus

Wishlist Plusも非常に有名なお気に入り機能アプリです。

Wishlist Plusはとても簡単に設定でき、ログイン不要のお気に入り機能を持たせることもできます。

またさまざまなマーケティングアプリ(例えばKlaviyoやMailclimp)との連携が可能で、お気に入り登録したユーザーに対し、メールキャンペーンを送付することが可能です。

Wishlist Plusには、30日間の無料体験期間があります。

プラン名料金機能
FREE無料お気に入り100件/月
お気に入りリストのシェア
など
STARTER月額14.99ドルお気に入り1,000件/月
複数のお気に入りリスト
など
PRO月額49.99ドルお気に入り10,000件/月
Klaviyoとの連携
値下げ、再入荷のメール通知
など
PREMIUM月額99.99ドルお気に入り50,000件/月
カスタムメールテンプレート
など
2023年9月時点での情報

Wishlist Hero

Wishlist Heroは、手軽かつ安価で導入しやすいアプリです。

ログイン不要のお気に入り機能や、お気に入りリストのシェア機能を実装することが可能です。

また商品の在庫が少なくなった際や再入荷時のメール通知機能などがあります。

Wishlist Heroには、14日間の無料体験期間があります。

プラン名料金機能
FREE無料お気に入り500件/月
電子メールやソーシャルメディアでの共有
など
SILVER月額4ドルFREEプランのすべて
お気に入り1,000件/月
メールによるリマイド
など
GOLD PLUS月額17ドルSILVERプランのすべて
お気に入り5,000件/月
マーケティングアプリとの連携
など
PLATINUM月額29ドルGOLD PLUSのすべて
お気に入り10,000件/月
など
2023年9月時点での情報

ユーザーが使いやすいお気に入り機能

お気に入り機能を実装する際のコツを紹介します。

カスタマイズとデザインのヒント

お気に入り機能を実装する際、「お気に入り登録をするとき」と「リストを確認するとき」で分けて検討する必要があります。

「お気に入り登録をするとき」には、ユーザーが商品を簡単に登録できるように配慮するとよいでしましょう。

まず商品ページにお気に入り登録機能を設置することは必須です。

お気に入り登録機能には、わかりやすいアイコンを設定しましょう。お気に入り登録には一般的に「ハート」が使用されますので、ハート型を使用することが望ましいです。

ユーザーが「リストを確認するとき」は、商品を購入するためにサイトに再訪問した場合などが考えられます。そこで、お気に入りリストにすぐにアクセスできるようにしましょう。

例えばヘッダーメニューやサイドバーに、お気に入り表示をする明瞭なアイコンやリンクを設置することが望ましいです。

お気に入り機能の効果を測定する

お気に入り機能は、ユーザーにとって便利な機能ですが、適切に効果測定を行うことで、オーナーにとっても大変便利な機能になり得ます。

例えば「商品ごとのお気に入り数」を比較して、ユーザーが関心を持っている商品を特定することができるでしょう。

また「特定期間のお気に入りユーザー数の推移」を確認することで、期間内におけるユーザーの関心度合いを把握することができます。

これらの情報を取得することで、以下のようなアクションに移せます。

  • ユーザーの関心度合いが高い商品ジャンルに新商品を投入する
  • 商品に対するユーザーの関心が高まる時期に広告やキャンペーンを展開する

このような施策を行うことで売り上げアップが期待できるでしょう。

お気に入り機能のセキュリティとプライバシー

お気に入り機能のユーザーデータはどこに保存されているの?、と気になる方もいらっしゃるかと思いますので解説します。

ユーザーデータの安全性

アプリを利用している場合、お気に入り機能を使用したユーザーデータが、Shopifyのストアに保存されるのか、アプリ制作会社のサーバーに保存されるのかは、そのアプリの制作会社の方針次第になります。

アプリ制作会社のサーバーに保管される場合には、ストアのお気に入り機能のデータが何らかの形で使用される可能性はあります。気になる方はアプリの開発元にお問い合わせください。

個人情報保護の観点でいうと、Shopifyの公式ストアにあるアプリは、全てShopifyの厳しい審査を経て承認されています。そのため公式ストアで販売されているアプリは安全と言えます。アプリ開発におけるShopifyの顧客データ保護に関するガイドラインを確認したい方は、こちらをご参照ください。

なお公式ストアのアプリの中には、ユーザーがログインをせずにお気に入り機能を利用できるアプリも存在します。(Wishlist PlusやWishlist Heroなど)

自身のアカウント情報の提供を避けたいと考えるユーザーも利用できるため、顧客目線に立ったサイト設計をしたいオーナーにとっては、よい選択肢となるでしょう。

お気に入り機能を実装して、売り上げアップを実現しよう!

今回の記事ではECサイトの必須機能とも言える、お気に入り機能(ウィッシュリスト)について解説しました。

お気に入り機能を活用することで、購買意欲がまだ高くないユーザーを囲い込むことや、メールマーケティングと組み合わせて購買意欲を喚起することも可能です。

この記事を参考にお気に入り機能の導入をぜひ検討してみてください。