【2023年最新】Shopify有料テーマおすすめ6選!選び方を解説

テーマを使用することで、簡単にECサイトを構築できるShopify。有料のテーマを活用すれば、手軽にオシャレで機能的なサイトを作ることが可能です。

「有料テーマと無料テーマの違いは何?」
「テーマはどのように選んだらいいの?」
「おすすめの有料テーマが知りたい」

この記事を読んでいただくと、このような疑問が解決します。

有料テーマの特徴や選び方、おすすめのテーマについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Shopifyテーマとは?

Shopifyはテーマと呼ばれるテンプレートを使用して、ECサイトを構築していきます。

選ぶテーマによってデザインの大枠が決まり、テーマごとに使用できる機能も異なります。そのためどのテーマを選ぶかは、非常に重要です。

テーマには有料テーマと無料テーマがあり、Shopify公式テーマストアで手に入れることが可能です。まずは、有料テーマと無料テーマの特徴と違いについて解説します。

Shopifyの有料テーマと無料テーマの違いは?

有料テーマの最大の魅力は、147種類もの豊富なデザインの中から選べる点です。(2023年9月時点)これにより、商材やブランドイメージにピッタリ合ったテーマを使用し、サイトをデザインすることが可能です。

またカスタマイズ性の高さも大きな特徴の一つです。特定の画面動作や機能などが、コードの記述やアプリの導入なしに設定できます。有料テーマを活用することで、オリジナル性が高く、機能的なECサイトを容易に構築することが可能です。

有料テーマの価格はテーマごとに異なり、150ドル〜350ドルの一回払いです。

一方、無料テーマを使用する場合には、12種類から選ぶ形になります。(2023年9月時点)デザインや機能は基本的なものが中心で、高機能なカスタマイズにはコードの記述やアプリの導入が求められることが多いです。

低コストで始められるため、初めてのオンラインストアを立ち上げるときには適していますが、独自のデザインや機能性を求める場合には有料テーマがおすすめです。

Shopifyテーマの選び方のポイント

テーマ選びを間違えると、ユーザビリティが低いサイトになったり、ブランドの良さを表現できなかったりしてしまい、売上ダウンや顧客離れを起こす可能性があります。またアプリの機能追加が必要になり、コストアップするかもしれません。

そこでテーマの選び方について、詳しく解説します。

目的に合ったテーマを選ぶ

ShopifyにおけるECサイト制作においてまず重要なことは、ビジネスの目的やブランドイメージに合わせたテーマの選択です。Shopifyのテーマは多岐にわたり、ファッション、食品、家具、アートなど、さまざまな業界やニーズに特化したものが存在します。まず、自社の商品やサービスを最も魅力的に見せるためのレイアウトやデザインを考慮しましょう。

例えば、ファッションブランドの場合、高解像度の写真を大きく画面表示するようなデザインが効果的です。また、特定の商品やキャンペーンを前面に押し出したい場合、スライダーやバナーエリアが大きいテーマが適しています。

さらに、ターゲットとする顧客層のオンラインショッピングの利用傾向や好みを考慮することも大切です。若い世代をターゲットにしている場合、モダンなデザインや動きのあるデザインが好まれる傾向にあります。一方、シニア世代をターゲットにする場合、好まれるのはシンプルでわかりやすいデザインです。

このようにECサイトの目的や必要な機能、デザインなどを事前に検討しておくと、テーマ選びがスムーズに進みます。

必要な機能が搭載されているかを確認する

テーマのデザインやスタイルが魅力的であることは重要ですが、それと同じくらい重要なのがテーマが持つ機能性です。特に、オンラインショップの成功には、顧客がスムーズに購入プロセスを進められる機能が不可欠です。

商品数が多いストアの場合、絞り込み検索やソート機能を持つテーマを選ぶと、顧客は欲しい商品を見つけやすいでしょう。また、SNS連携機能やレビュー表示機能を持つテーマは、ブランドの認知度や商品の信頼性を高めることに役立ちます。

Shopifyのテーマ選びの鍵は、デザインの魅力と機能性のバランスを見極めることです。自社のビジネスニーズに合わせて最適なテーマを選び、成功への第一歩を踏み出しましょう。

2023年Shopifyおすすめ有料テーマ6選

2023年9月時点でのおすすめ有料テーマを6つ紹介します。

各有料テーマのサイトでは、デモ画面が確認できるため、気になったテーマは実際に見てみるといいでしょう。

Prestige

prestige

Prestigeは日本で人気のあるテーマです。多くの有料テーマは海外で作られているため、日本語対応をしておらず、翻訳などの作業が発生します。その点、Prestigeは日本語に対応しているため、翻訳作業は必要ありません。

このテーマはシンプルながら高級感のあるデザインが特徴で、ファッションブランドやアクセサリー、化粧品などにおすすめです。

柔軟にカスタマイズ可能なセクションを豊富に持ち、動きのある表現にも長けているため、ブランドのストーリーテリングに向いています。

テーマの価格は350ドルです。

Empire

empire

Empireも日本語対応をしている、貴重なテーマの一つです。

このテーマではヘッダーメニューに柔軟な階層構造を作りつつ、見た目にも整理されたメガメニュー(クリックやマウスオーバーでひらくドロップダウンのメニュー)を手軽に作成できます。

またバリエーションの多い商品でも、商品画面で的確に切り替えることができるため、ユーザーを迷わせることなく販売ができます。

その他「最近閲覧した商品の再表示」や「関連商品のレコメンド」などの機能が充実しており、商品数が多いカタログ型のECサイトに適したテーマです。

テーマの価格は340ドルです。

Warehouse

warehouse

Warehouseは、「倉庫」を意味する名前の通り、大量の商品を扱うサイトに最適なテーマです。

多数のブランドを取り扱うモール型ECサイトのように、ブランド一覧を効果的に表示することができます。

またコレクションページにおけるフィルタやディスプレイ表示はとても高機能で、豊富な商品を比較検討したいユーザーの購入体験をサポートします。

テーマの価格は320ドルです。

Motion

motion

Motionはアニメーションやビデオ映像の表示に強みがあるテーマです。

Motionでは閲覧しているユーザーをわくわくさせるような様々な表現技法をサイトに取り入れることが可能です。例えば画像を画面にふわっと表示させたり、ポップアップをスッと差し込んだり、様々なアニメーション設定があります。

動画コンテンツとアニメーションをうまく組み合わせることで、ユーザーの注意を惹きつけ、購買意欲を高めることができるでしょう。

テーマの価格は350ドルです。

parallax

parallax

parallaxは「パララックス効果」と呼ばれる表現技法をECサイトに取り入れることができます。

パララックス効果とは、例えばサイトをスクロールした際に、背景画像よりも、その前面にあるテキストが早く動くことにより、サイトに立体感を持たせるデザインのことです。

このパララックス効果を活用することで、モダンでオシャレなイメージをユーザーに与えることができます。またブランドのストーリーを語る際に重要な画像を背景に使用したまま、文字コンテンツを段階的に表示することができ、独自の演出が可能です。視覚的に魅力的なサイトはユーザーの滞在時間を伸ばす傾向にあります。

テーマの価格は170ドルです。

Impulse

impulse

Impulseはセクション数が多いテーマです。セクション数が多いことは、カスタマイズ性が高いことに直結し、売上アップにつなげるプロモーション施策やサイトデザインを実施できます。

例えばカウントダウンタイマーを設置したり、テキストを横に自動スクロールしたり、レビュースライドを作成したり、様々なECサイトで使用される機能が、このテーマではデフォルトで利用可能です。

また商品にカラーバリエーションがある場合、カラー選択に合わせて表示する画像を切り替えることもできます。そのため商品数やバリエーションの多い、アパレル商品や雑貨などに適しています。

テーマの価格は350ドルです。

2023年Shopifyのおすすめ無料テーマ

ここまで有料テーマについて紹介してきました。

Shopifyの有料テーマと無料テーマの違いは?」の項で解説しましたが、デザインの豊富さやカスタマイズ性に関しては、有料テーマに軍配があがります。

しかし無料テーマもビジネスニーズによっては最適になり得ます。コストを抑えてサイトを作りたい、まずは気軽に始めたい、このようなニーズに対しては無料テーマが合っているでしょう。

無料テーマの特徴や選び方についてはこちらの記事を参考にしてください。

有料テーマを活用して、独自のECサイトを構築しよう

今回の記事では、有料テーマの特徴や選び方、おすすめの有料テーマなどについて解説しました。

有料テーマを活用することで、機能性豊かなサイトを作成したり、独自デザインのサイトを構築したりすることが容易になります。さらにアプリ導入が必要な機能がテーマに初めから付属している場合には、コストダウンに繋がる場合もあります。

有料テーマは140種類以上あるため、あなたのイメージにぴったりのテーマがきっと見つかることでしょう。

この記事を参考に最適な有料テーマを探してみてください。