Shopify APIの連携ガイド|全API一覧と役割、注意点を解説

拡張性の高いECプラットフォームのShopify。「要望にマッチするアプリがない」「外部サービスと連携したい」というような悩みは、Shopify APIを活用することで解決できる可能性があります。

Shopify APIって何?」
「APIを使用するメリットや注意点が知りたい」
Shopify APIでどんなことができるの?」

この記事を読むことで上記の疑問が解決します。

Shopifyは既存のアプリを使用せずとも、APIを活用することでストアを高機能にカスタマイズすることが可能です。

Shopify APIのメリットや注意点、API一覧について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Shopify APIとは?

API(Application Programming Interface)は、異なるソフトウェア間でデータ交換や機能操作を可能にするための仕組みです。

そしてShopify APIとは、Shopifyストアの機能を拡張し、カスタマイズするために使用されるAPIです。

Shopify APIを活用することで、開発者はShopifyストアのデータにアクセスし、商品の追加や注文の管理、顧客情報の更新など、様々な操作を自動化したり、特定のニーズに合わせたアプリケーションを作成することが可能です。

Shopify API連携によるメリット

Shopify APIにより、ユーザーやストアオーナーは様々なメリットを享受できます。

ユーザビリティの向上

Shopify APIを活用することで、ユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)の高いECサイトが構築可能になります。

例えば、顧客の興味に基づいて推薦商品を表示したり、チェックアウトプロセスを簡素化することで、パーソナライズされたショッピング体験を提供できます。

これにより、顧客満足度の向上が期待できるでしょう。

運用効率がアップ

Shopify APIは、ストア運用の効率を高めることにも一役買います。

例えば、在庫管理や注文処理を自動化することで、手動作業を減らせます。また、APIによりマーケティング施策を効率的に行うことも可能です。

このようにして節約したリソースは、より戦略的な業務に活用できます。

魅力的なストアデザインが可能

Shopify APIにより、ストアデザインの自由度が大幅に向上するため、より魅力的で高機能なストアが実現できます。

例えば、既存テーマをより高機能にカスタマイズしたり、自社にあったオリジナルテーマを作成したりすることが可能です。

具体的には、ページのリロードなしに動的なコンテンツを更新したり、ユーザーの操作や選択に応じた動的な表示変更を行うことで、リッチで快適な顧客体験を提供できます。

Shopify API連携の注意点

Shopify APIには多くのメリットがありますが、注意点もあります。

セキュリティリスクへの対応が必要

Shopifyを他のサービスと連携する際、セキュリティレベルが異なるため、リスクが生じる可能性があります。連携する際には以下の点への留意が必要です。

  • セキュリティ基準の確認: 連携するサービスのセキュリティ基準を事前に確認し、不十分な場合は利用を避ける、または追加のセキュリティ対策を講じる。
  • データの暗号化:送受信するデータを常に暗号化し、中間者攻撃によるデータ漏洩のリスクを減らす。
  • アクセス制御の強化:APIキーとアクセストークンの管理を徹底し、不正アクセスによるデータ漏洩や機能の悪用を防ぐ。
  • 定期的なセキュリティ監査:定期的にセキュリティ監査を行い、脆弱性や不正使用の兆候を早期に発見する。

これらのセキュリティ対策を適切に管理することで、Shopifyと他のサービスとの連携を安全に行うことができます。

日本語非対応が多い

Shopify APIは世界中で利用されていますが、ドキュメントやサポートは主に英語で提供されており、日本語に対応していない場合があります。

英語が苦手な方にとっては、ドキュメントの理解やサポートの受け方が困難になる可能性があるでしょう。

このような場合には、翻訳ツールの利用や、英語に堪能な開発者のサポートを求めることを検討してみてください。

レート制限の理解と対策が必要

Shopify APIには、サーバーへの過負荷を防ぐためにレート制限が設けられています。これは、一定時間内に許可されるAPIリクエストの最大数を制限する仕組みのことです。

レート制限を超えると、一時的にAPIへのアクセスが制限されるため、アプリケーションの設計時には、効率的なAPIの呼び出しを考慮することが重要です。

一般的には、必要なデータをキャッシュする、バッチ処理を利用するなどの対策が推奨されます。

Webやプログラミングの知識が必須

Shopify APIを効果的に利用するには、Webやプログラミングの知識が必須です。

APIの連携やアプリ開発には、HTTPリクエスト、JSON、認証メカニズムなど、基本的なWeb技術の理解が必要です。

また、特定の機能を実装するためには、Ruby、JavaScript、Liquid、GraphQL、などShopifyプラットフォームに関連するプログラミング言語やクエリ言語に精通していることも要求されます。

4つの注意点を述べましたが、APIの連携やアプリの開発に自信がない場合は、プレイビットがサポートしますので、ぜひお問い合わせください。

Shopify API一覧と役割

Shopifyからは多数のAPIが提供されています。それぞれの特徴と役割を解説します。

詳しい設定方法は、開発者向けの公式ドキュメントを参照ください。

Admin API

Admin APIは、ストアの商品、注文、顧客などのデータを管理するために用いる、最も使用頻度の高いAPIです。Adimi APIを利用することで、他のアプリやサービスとShopifyを連携することが可能です。

RESTとGraphQLの形式で提供され、開発者はこれらを使用してデータの読み取り、更新、削除を行えます。

Partner API

Partner APIは、Shopifyパートナー向けのアカウント管理用APIです。Shopifyパートナーとは、ストアの構築や運用支援を行う人、または法人のことを指します。

このAPIを利用することで、開発ストアの作成・管理、アプリのリストと料金の管理、パートナーアカウント情報の取得が可能です。これにより、複数のストアを支援しているパートナーの業務効率化が図れます。

Payments App API

Payments App APIは、決済アプリ開発者向けの支払いプロセス管理用APIです。

このAPIを使用することで、支払いセッションの承認、保留、拒否や、キャプチャ、払い戻し、無効セッションの拒否などが可能になります。

Shopify Function APIs

Shopify Function APIsは、Shopifyの特定の処理をカスタマイズするためのAPI群です。うまく活用することで、顧客の購買意欲を刺激し、売上アップが見込めます。

Delivery Customization API

Delivery Customization APIを活用することで、チェックアウト中に利用可能な配送オプションの変更、追加、並べ替えが可能です。例えば、特定の商品や顧客の場合に配送オプションを非表示にしたり、顧客に合わせて配送オプションを追加したりすることができます。

Order Discount API

Order Discount APIを使用すると、注文に対する割引を動的に適用できます。例えば、注文の小計から一律の金額を割り引いたり、特定の金額ごとに割引を行ったりすることが可能です。

Product Discount API

Product Discount APIにより、商品レベルでの割引設定が可能になります。例えば、「複数の色がある商品で、青のみを1,000円引きにする」「3つ購入すると、1つ無料になる」などです。

Shipping Discount API

Shipping Discount APIを利用すると、配送費用の割引を柔軟にカスタマイズできます。例えば、条件に応じて送料を無料にしたり、一定額の割引を適用したりすることが可能です。これにより、配送オプションの割引設定がより柔軟になります。

Payment Customization API

Payment Customization APIにより、顧客のニーズに合わせて支払い方法をカスタマイズできます。例えば、合計金額や顧客タグ、所在地の国に応じて、支払い方法の表示や非表示を切り替えることが可能です。​​

Cart Transform API

Cart Transform APIを利用すると、カートの内容を動的に変更できます。例えば、商品AとBをカートに追加した際に、それらをセット商品に変更するような操作が可能です。

Cart and Checkout Validation API

Cart and Checkout Validation APIにより、カート内容やチェックアウトプロセスに対する検証ルールを設定できます。このAPIにより、顧客が注文を確定する前に、年齢や与信限度額などの特定の条件を満たしているかを確認し、エラーを防ぐことが可能です。

Fulfillment Constraints API

Fulfillment Constraints APIを利用すると、注文の履行条件をカスタマイズし、フルフィルメントプロセスを最適化できます。例えば、複数のロケーションがある場合、注文された商品を同じ場所から発送するか、リスト内の別の場所から発送するかを調整できます。

Ajax API

Ajax APIは、Shopifyストアのフロントエンドで動的なコンテンツの更新や非同期通信を可能にするAPIです。

このAPIを利用することで、カートへの商品追加時に、商品数更新や関連商品の推薦表示、検索バーへの入力に基づく商品提案などが実現できます。

これにより、顧客にシームレスなショッピング体験を提供できます。

Section Rendering API

Section Rendering APIは、Shopifyテーマのセクション内容を動的に読み込み、更新するAPIです。

これにより、ユーザーのアクションに応じてページの特定部分をリロードせずに再描画できます。例えば、商品ページでバリエーションを選択すると、価格や画像などの情報が即座に更新されます。

Customer Privacy API

Customer Privacy APIは、顧客のプライバシー設定を管理し、GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などのデータ保護規制に準拠するために設計されたAPIです。

このAPIを活用することで、開発者は顧客の個人情報使用に関する選択を簡単に取得・適用できます。例えば、顧客がサイトにアクセスした際に、Cookieに同意するかどうかを確認するバナーを表示することが可能です。

Storefront API

Storefront APIは、カスタムストアフロントの基盤となるAPIです。カスタムストアフロントとは、Shopifyテーマを使わずに、Webアプリケーションや他のプラットフォームでフロントエンドを構築し、バックエンドをShopifyで管理する構成のことを指します。

このAPIは、製品やコレクションの表示、カートへのアイテム追加、価格計算など、カスタムストアフロントにおけるショッピング体験の構築に必要な機能を提供します。

Customer Account API

Customer Account APIは、Shopifyストアの顧客アカウント情報を管理するAPIです。

このAPIを利用すると、開発者は顧客の登録情報の取得や更新、アカウントの作成や削除、プロフィールの管理などを行うことができます。また、より安全で便利なパスワードレスログインの実装も可能です。

Shopify APIを活用して、高機能なストアを手に入れよう!

今回はShopifyが提供するAPIについて、メリットや注意点、APIの種類と役割などを解説しました。

APIを活用することで、通常のテーマ開発やアプリでは実現できなかった機能をストアに実装することが可能です。これにより、顧客のショッピング体験の向上や業務の効率化などが実現できるでしょう。

この記事を参考に、ぜひAPIの活用を検討してみてください。