ECショップに予約販売導入で売上UP!注意点やおすすめサービスを解説

Shopifyは、ECサイト運営に不可欠な機能を豊富に備えた強力なプラットフォームで、特に予約販売機能に注目が集まっています。ECツールを比較検討している方の中には、

Shopifyで予約販売はできるのか」
「予約販売を活用することでどのようなメリットがあるのか」

といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

当記事では以上のような疑問にお答えし、Shopifyの予約販売機能に焦点を当てて分かりやすく解説していきます。

予約販売を活用してオンラインストアの可能性を広げたい方や、すでにShopifyを使用しているが、予約販売機能をもっと活用してビジネスを成長させたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ECにおける予約販売とは?

ECにおける予約販売とは、発売前や在庫切れの商品に対して、事前に注文を受け付ける販売方法です。この機能を利用することで事前に需要を把握し、仕入れやマーケティングの計画を立てやすくなる利点があります。

予約販売は在庫リスクの軽減や機会損失の防止に貢献し、ECサイトの売上向上に繋がる戦略として重要です​​。

予約販売と受注販売の違い

予約販売は、発売前や在庫切れの商品を事前に注文できる機能です。これにより、需要の見積もりやマーケティング計画が立てやすくなります。

受注販売は、顧客からの注文を受けてから商品を生産・準備する方法です。予約販売と受注販売の違いは、予約販売が発売前の商品や在庫切れ商品の事前注文に重点を置き、受注販売は顧客の要望に応じて商品を準備する点にあります​​。

予約販売のメリット

予約販売は、商品の発売前や在庫切れ商品に対しても、顧客からの注文を事前に受け付けることができる販売方法です。この手法は、事業者にとって多くのメリットを提供し、特に新製品の市場導入や季節商品の販売戦略において重要な役割を果たします。

予約販売の主なメリットは以下の通りです。

1. 発売日が確定していなくても販売できる

製品の発売日が未定であっても、消費者からの注文を確実に受け取ることができる点にあります。これにより、市場の反応を早期に把握し、生産計画や在庫戦略を適切に調整することが可能になります。

また顧客の期待を高めることができ、製品に対する早期の関心を喚起することができます。

2. 売上計画を立てやすい&在庫管理がしやすい

予約販売を利用することで、発売前に製品の需要を把握できるため、より精度の高い売上予測が可能となります。

この事前情報を基に、生産量の調整や在庫管理を効率的に行えるため、過剰在庫や品切れのリスクを大幅に低減させることが可能です。

3. シーズン商品の販売機会の拡大

特に季節限定商品やイベント関連商品など、特定の時期にしか需要がない商品にとって、予約販売は販売機会を大きく広げることができます。

事前予約により、販売期間を実質的に延長することができ、限られたシーズンの前後でも商品を効果的に販売することが可能になります。

4. シーズン商品の在庫管理・確保がしやすい

予約販売は、特定のシーズンに合わせた商品の需要を事前に把握しやすくします。

この情報をもとに、適切な在庫量を事前に計画・確保することができ、シーズン中の需要変動に柔軟に対応することが可能です。

また事前に需要が見込まれることで、生産や調達のスケジュールを最適化し、コスト効率の良い運営が期待できます。

5. 売り切れ時の機会損失を防げる

特に人気商品や限定品において、予約販売を活用することで、一時的な品切れが発生しても次回の入荷分に向けて事前の注文を確保することが可能です。

これにより、顧客が代替品を探すことなく待つことを選択しやすくなり、売り切れによる機会損失を最小限に抑えることができます。

また予約販売は、商品の再入荷に対する顧客の期待を維持し、持続的な販売機会を生み出す効果もあります。

6. 顧客のエンゲージメント向上

予約販売は、単なる購入の機会を提供するだけでなく、顧客との関係構築にも貢献します。先行予約特典、限定版商品の提供、特別割引などの施策を通じて、顧客はそのブランドや商品に対して特別な関係性を築くことができます。

このような特別感は、顧客のロイヤリティを高め、長期的なファンを増やすことに繋がります。さらに、SNSでのシェアや口コミを促進することで、新たな顧客層の獲得にも効果的です。

予約販売を通じて顧客と積極的にコミュニケーションを取ることで、顧客満足度の向上とともに、ブランドの価値を高めることができます。

予約販売の注意点

予約販売は多くのメリットを提供する一方で、注意すべきポイントも存在します。

事業者がこれらの注意点を理解し、適切に対処することで、予約販売の成功率を高めることができます。予約販売における主な注意点と、その対策について詳しく説明します。

1. クレジット決済は注意が必要

予約販売では、商品発送前にクレジットカードでの売上請求を行うことが難しい場合があります。これは、特に発売日が数ヶ月先になるような場合、予約時点では有効だったクレジットカードが、実際に商品が発送される時点で期限切れになっている可能性があるためです。

このような状況を避けるためには予約時ではなく、発送直前や発送時に決済を行うシステムの導入、またはクレジットカード以外の決済方法の提供を検討する必要があります。

2. 待っている間にキャンセルが発生することも

商品の予約から発送までの期間が長い場合、顧客がキャンセルを決断するリスクが高まります。このキャンセルリスクを軽減するためには、顧客との定期的なコミュニケーションを保ち、商品に関する最新情報や発送予定日の更新を共有することが効果的です。

また、予約特典などのインセンティブを提供することで、顧客の購入意欲を持続させることも一つの方法です。

3. 多くの在庫を管理、発送する体制が必要

予約販売を成功させるためには、大量の予約注文を効率的に管理し、迅速に発送する体制が不可欠です。このため、在庫管理システムの整備や、発送プロセスの最適化が求められます。

また、予期せぬ注文の増加にも柔軟に対応できるよう、サプライチェーンの管理と調整にも注意を払う必要があります。

4. 生産や配送の遅延は顧客の信頼を下げる

生産遅延や配送のトラブルは、顧客の期待を裏切り、ブランドの信頼を損なう大きな原因となります。このような問題を最小限に抑えるためには、リアルタイムでの生産状況のモニタリングと、配送状況の透明性の確保が重要です。

また遅延が避けられない場合は、顧客に対して誠実に事情を説明し、適切な補償や対策を提案することが求められます。

予約販売ができるおすすめECサービス5選

予約販売は、新製品の発売や季節商品、限定品の販売戦略において非常に効果的な手段です。この販売戦略を最大限に活用するためには、適切なECサービスの選定が不可欠です。

市場にはさまざまなECサービスが存在し、それぞれ異なる機能、料金体系、カスタマイズの自由度を提供しています。ここでは、予約販売を効果的に行うことができる特におすすめのECサービスを5つ選定し、その特徴とメリットをご紹介します。

サービス名初期費用月額料金手数料特徴
Shopify0円基本プラン 約3,000円2.2% + 30円豊富なアプリ・自由度高
BASE0円0円無料〜簡単操作・コスト効率良
MakeShop0円基本プラン 約3,000円3.6%〜実用性重視・サポート充実
Magento変動変動変動拡張性抜群・カスタマイズ自在
WooCommerce0円0円無料〜WordPress連携・拡張性高
2024年3月時点

 

Shopify:豊富なアプリでカスタムが自由自在!

shopify公式
画像引用元:Shopify公式

Shopifyは高い処理能力を持ち、大量のトラフィックや商品データを扱うことが可能です。豊富なアプリと統合オプションにより、高度なカスタマイズが可能で、様々なニーズに柔軟に対応できます。

インターフェースが使いやすくセットアップが簡単なため、技術的な知識が少ない人でも直感的に操作可能です。SEO対策やマーケティングツールも充実しており、オンライン販売を促進します。

Shopifyに予約販売を導入するための詳しい方法については、「Shopifyに予約販売を導入する方法│予約システムはアプリ導入がおすすめ」をご覧ください。

BASE:簡単操作でコスパ良し!

base公式
画像引用元:BASE公式

BASEは軽量で高速なパフォーマンスを提供し、主に小規模から中規模のECサイトに適しています。簡単な操作でサイト構築が可能で、初心者にも扱いやすい設計です。

初期費用や月額料金が無料のプランがあり、コストを抑えてECサイトを開始できます。基本的な機能は無料で利用できますが、拡張機能を使用するには追加料金が必要な場合があります。

makeshop:中小企業向けの多機能ツール!

makeshop公式
画像引用元:makeshop公式

makeshopは特に中小企業向けに設計されており、商品管理や注文処理が簡単にできるようになっています。カスタマイズ性に富み、多岐にわたる業種での利用が可能です。

豊富なテンプレートとマーケティングツールが用意されており、ECサイトの成長をサポートします。また日本語サポートが手厚いため、国内での運用に強みがあります。

Magento:柔軟性と拡張性に富んだECプラットフォーム!

magento公式
画像引用元:Magento公式

Magentoは大規模なECサイトに最適で、複雑なカタログや顧客データを管理できます。高度なカスタマイズが可能であり、企業の具体的な要件に合わせた開発が行えます。

高度な技術的知識が必要であり、完全なカスタマイズを追求する企業に適しています。拡張性が非常に高い反面、運用やカスタマイズには専門的な知識が求められます。

WooCommerce:既存のWordPressサイトへの統合ができる!

woocommerce公式
画像引用元:WooCommerce公式

WordPressをベースにしたプラグインであり、WordPressサイトに簡単にEC機能を追加できます。柔軟性が高く、さまざまな種類の商品を扱うことができます。

WordPressの豊富なプラグインエコシステムを活用できるため、SEOやマーケティングツールなど、必要な機能を容易に統合できます。カスタマイズ性が高いですが、基本的な設定や運用にはWordPressに関する知識が必要です。

予約販売を成功させる3つのポイント

予約販売は、特に新製品の市場投入や限定品の販売において、非常に有効な戦略です。

しかしこの戦略を最大限に活用するためには、計画的なアプローチが必要です。以下に、予約販売を成功に導くための3つの重要なポイントを詳細に解説します。

各種SNS・メルマガでの事前告知

予約販売の鍵は、効果的なプロモーションにあります。SNSやメルマガなど複数のチャネルを活用して、発売予定の商品を積極的に宣伝することが重要です。

これらのプラットフォームを通じて、商品の特徴や魅力そして予約開始の日時などを共有することで、潜在顧客の関心を引き、期待感を高めることができます。

特にターゲット顧客が頻繁に利用するSNSチャネルを重点的に活用することで、より効率的にプロモーション活動を展開できます。

キャンペーン開催や特典を付ける

顧客に予約購入の動機を提供するために、限定キャンペーンや特典の提供が非常に効果的です。例えば、予約期間中に購入することで適用される特別割引や、予約者限定のプレゼント提供などが挙げられます。

これらの特典は、顧客にとって購入の追加インセンティブとなり、予約販売の促進に繋がります。またキャンペーンや特典は、商品の希少価値を高め、顧客の購入意欲を刺激するための効果的な手段となります。

お礼メールで離脱を防ぐ

予約購入を行った顧客に対するフォローアップは、顧客満足度の向上とキャンセル防止に非常に重要です。予約後に送るお礼メールは、顧客への感謝を表現するだけでなく、ブランドと顧客との関係をさらに深める機会となります。

このメールには予約商品の発送予定日、商品に関する追加情報、お問い合わせ先など、顧客が知りたい情報を盛り込むことが重要です。定期的なコミュニケーションを通じて顧客とのつながりを保ちながら、予約から発送までの期間中、顧客の関心を維持することができます。

Shopifyは予約販売に優れたECツール

Shopifyは予約販売に特化した機能を備えたECプラットフォームとして、その使いやすさと管理のしやすさで注目されています。

直感的な設定プロセスにより、販売者は簡単に予約販売を開始でき、在庫管理システムを通じてリアルタイムで商品の需要を追跡ができます。

顧客向けには、予約購入の際の利便性を高めるために多様な支払いオプションが提供されます。これらの機能により、Shopifyは効率的な予約販売管理を実現し、顧客にとって快適な購入体験を提供することが可能です。

ECツールを比較検討中の方は、この機会にぜひShopifyを使ってみてください。