Shopifyの構築費用の相場は?金額別にできる内容を紹介

自社向けにカスタマイズしやすいECプラットフォームの「Shopify」。ストア構築には専門的な知識が必要になりますので、制作会社への委託を検討している方も多いでしょう。

Shopifyの構築費用の相場が知りたい」
「構築方法の選択肢とそれぞれのメリット・デメリットについて教えて」

この記事を読むことで、上記のような疑問が解決します。

構築に関する費用や、できることを把握しておくことで、予算内で自社に最適なストアを構築することができます。Shopifyを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

Shopifyの構築費用

Shopifyでオンラインストアを構築する際の費用は、希望する機能やデザインによって大きく異なります。

100万円以下でできる構築

100万円以下の予算でShopifyの構築を行う場合、テーマテンプレートを使用し、カスタマイズは最小限に抑えることが一般的です。

機能については、必要最低限のアプリを導入することで、費用を抑えつつも機能的なオンラインストアを立ち上げることが可能です。

ECサイトのページ数は限定的で、10ページ前後になるでしょう。また商品登録なども最小限になるため、商品点数が多い場合には、自身で登録する必要があります。

取り扱う商品数が少なく、デザインや運用面での独自の要求が少ない小規模ストアに適しています。

100~300万円でできる構築

100万円から300万円の予算の場合には、自社ブランドや運用に合わせて、独自のカスタマイズを行うことが可能になります。

例えば、テーマをベースにコーディングによるデザインを行い、ブランドの世界観を表現することが可能です。また有料アプリを導入することで、マーケティングの強化や、運用業務の効率化が図れます。

ECサイトにブランドイメージを反映させたいストアや、ビジネス拡大を目指す中規模ストアに最適です。

300万円以上でできる構築


300万円以上の予算を投じることで、自社が求める機能やデザインを備えた理想のストア構築が可能になります。

自社オリジナルのテーマ開発や、Shopifyアプリで対応できない機能の開発が可能になり、自社の運用やマーケティングに沿ってECサイトをカスタマイズすることができるでしょう。

ただし、カスタマイズの度合いに応じて費用が増加するため、予算管理には注意が必要です。

競合他社と差別化を図りたいストアや、独自の運用方法がある大規模なビジネスに適しています。

Shopifyを利用する際にかかる費用

Shopifyを利用する際には、構築費用のほかに、Shopifyの利用料や、商品が売れた際の手数料などがかかります。

主な費用は以下の通りです。

Shopify利用料月額33ドル〜399ドル
※一般的なプランの場合。契約するプランによって異なります
必須
決済手数料オンライン:3.25〜3.4%
※一般的なプランの場合。契約するプランによって異なります
必須
アプリ利用料無料〜
※導入する有料アプリによって異なります
任意
テーマ代無料〜350ドル前後任意
ドメイン代無料〜15ドル前後任意
構築費用50万円〜任意
2024年4月時点

Shopifyの利用料や決済手数料については、以下の記事で詳しく解説しています。プラン選びの参考にしてください。

Shopifyを構築するには

Shopifyのオンラインストアを構築するには、大きく3つの方法があります。メリット・デメリットを交えて解説します。

自分でShopifyを構築する

Shopifyは、基本的なITスキルとWeb知識があれば、自分で構築することもできるオンラインストアです。

自分で構築する最大のメリットは、委託費用がかからないことです。

デメリットとしては、ECサイトの設定やカスタマイズには専門知識が必要で、学習や構築作業にかかる時間と労力がコストとして発生します。構築費用を抑えても、学習コストが高くつく可能性もあるため注意が必要です。

Shopifyの構築について、学びたい方は以下の記事も参考にしてください。

Shopify構築をフリーランス・個人事業主に依頼する

Shopify構築のためにフリーランスや個人事業主に依頼するのも一つの選択肢です。この方法では、クラウドソーシングサイトやSNSを通じて、構築スキルを持つ個人と直接やり取りしながら進めることができます。

メリットは、制作会社に依頼する場合と比べて、構築費用を安く抑えられる点です。

デメリットとしては、依頼先のスキルやリソースにばらつきがあり、見極めが難しいことが挙げられます。特に依頼内容に対するスキルが不足している場合、遅延やキャンセルが発生するリスクもあります。

そのため、適切なスキルを持った相手を選べるかどうかが、成功の鍵です。

Shopify構築を制作会社に依頼する

日本には、Shopify構築を専門にする制作会社が数多く存在します。これらの制作会社に依頼することで、希望に合ったECサイトを構築できます。

制作会社に依頼するメリットは、高度な専門性を活かして質の高いオンラインストアを作成できることです。また、豊富な経験に基づく販売やマーケティングのアドバイスも受けられるでしょう。

デメリットとしては、費用が他の方法に比べて高くなる可能性があることです。依頼する際には、自社の要望と予算をしっかりと伝えることが重要です。

制作会社に依頼する際のポイントは、以下の記事を参考にしてください。

自社に最適な構築方法を見つけよう

この記事では、Shopifyでオンラインストアを構築する際の費用感や、構築方法などについて解説しました。

今回の内容を参考に、自社のニーズ、予算、運用計画に合わせて最適な方法を選択し、効果的なECサイトを構築しましょう。